必要な描画速度


Autodesk Fusion 360 とKeyShot を接続します。

Autodesk Fusion 360は、設計を迅速に開発し、詳細化するための単一ソリューションです。Autodesk Fusion 360 用KeyShot プラグインは、KeyShot のレンダリング速度を Fusion 360 ユーザーに提供し、Fusion 360 データとの初の直接互換性を実現します。Fusion 360 セッションとKeyShot の最高レベルの統合により、ジオメトリを直接KeyShot にエクスポートしてレンダリングしたり、KeyShotの LiveLinking™ テクノロジーで常に更新することができます。

仕組み Fusion 360

その仕組みについて

Fusion 360のKeyShot プラグインは、Fusion 360のインターフェイスにメニュー項目を追加する小さなファイルを介してインストールされます。Fusion 360内でデザイン作業を行い、プロセス中いつでもKeyShot に転送することができます。LiveLinkingのサポートにより、Fusion 360で行った変更は、KeyShot に転送することができます。

初回転送

プラグインをインストールし、Fusion 360でモデルを開いたら、Autorun Scripts...を選択し、AutoRunKeyShotExportを見つけ、右クリックして有効にします。ImageドロップダウンメニューからExport toKeyShotオプションを選択します。エクスポートされたシーンがKeyShot に表示されます。

LiveLinking(ライブリンク

Fusion 360 からKeyShot にエクスポート(Export to )してKeyShot を起動すると、2 つのアプリケーションはリンクされます。KeyShot 内で、マテリアルの割り当て、アニメーションの設定、ライティングやカメラアングルの設定を行うことができます。Fusion 360では、モデルの改良を続けることができます。変更が完了したら、イメージのプルダウンメニューからアップデートKeyShotを選択します。更新されたすべてのパーツ(ジオメトリ/ロケーション)は、すべてのマテリアル、アニメーションなども維持されたまま、KeyShot 内で置き換えられます。注意:新しいパーツはシーンに追加されますが、自動的にペイントされない場合があります。

特徴

  • 部品やアセンブリレベルでのカラー割り当てを維持する。
  • 組立構造の維持
  • 保存したカメラビューを転送する
  • LiveLinking - 内部でモデルを更新するKeyShot
  • KeyShot がインストールされていない状態で bip に書き出す

必要条件

サポート

プラグインがインストールされたら、プラグインサポートの中心的な役割を果たすのは Luxion のサポートです。 support@luxion.com

 

ダウンロードとインストール

このプラグインは、Autodesk Fusion 360 App Exchangeからダウンロードすることができます。

インストールにより、KeyShot の plugins フォルダにファイルが追加され、Fusion 360 の MyScripts フォルダにファイルが追加されます。プラグインとLiveLinkingが正しく機能するためには、KeyShot とFusion 360の両方が同じマシンにインストールされている必要があります。

Fusion 360 でKeyShot のパワーを体験してください。